Shuya Okazaki / Blog✔︎

1997年 岡山県 岡山市生まれ___ | I trust my process /Okayama/Niigata/Tokyo&Kamakura✓

東京と鎌倉、革靴とスパイク。

これから、東京で仕事を、鎌倉でサッカーをします。

あとに続く話はそれ以上でも、それ以下でもありません。これまでに出会い「お前いま何しとん」と思ってくれている人に、そしてこれからの出会いに向けて書こうと思います。

僕はこれから、東京で仕事を、鎌倉でサッカーをします。

でも、その言葉はしっくりこない。

卒業といま

 3月に大学を卒業しました。新潟で過ごした4年間が本当にたくさん支えと縁に囲まれたものだったことは、その感謝を込めて、初めに書いておきたいと思います。

 岡山に戻ってしばらく経ち、新潟で生活していたときの感覚が日に日に薄れていく気がします。ただ、毎日のようにどんよりした雲に覆われていたことだけはそれなりのトラウマなのか、いまだに晴れた空を見上げてはひとりバカみたいに感動してます…。

 東京の広告代理店に就職が決まっていて4月から東京にいるはずが、例に漏れず5月も半分が過ぎた今も岡山の実家にステイホームしています(在宅研修中)。いよいよこれからと意気込んでいただけに拍子抜けしたところも多少ありますが、給料''だけ''もらってもそれはそれで満たされなくて、じゃあ自分は何で満たされるのか、といろんなことを考えさせられながら、これもコロナがくれた何か意味のある時間だと思って過ごしています。

とはいえ、もうすぐ東京に発つことになりそうです。

これからのこと

僕はこれから東京での広告代理店の仕事と並行して、

鎌倉を拠点とするサッカークラブに入れていただきます。

いろんな縁といろんな想いが重なってここに繋がりました。

もう一度サッカーが好きな人生をいきたいと思いここに辿り着きました。

これまでも、これからも、ここにあります。

鎌倉インターナショナルFC

kamakura-inter.com

 上京ができ次第、僕は仕事と並行しながらこのクラブのフロントスタッフとして、選手として本格的に活動していきます。今現在は、岡山で会社の研修の傍ら週末に個別にトレーニングをしつつ、オンライン上でクラブの代表やGM、来季以降の監督(兼CBO)とクラブのビジョンの共有や自身の関わり方を調整させてもらっています。

f:id:shuya_31:20200519163331j:plain f:id:shuya_31:20200520122426j:plain f:id:shuya_31:20200520144804j:plain  f:id:shuya_31:20200522002822j:plain

 2年前の2018年、大学3年目のシーズン前に新潟から東京に行き東京でスポーツマネジメント研修(右の写真)に参加したその時の講師がクラブの代表の四方さんであり、研修の課題は当時立ち上がったばかりの鎌倉インテルの国際戦略について考えることでした

「鎌倉発、日本初。 徹頭徹尾 国際化を意識したサッカークラブ」

僕が最初に代表とGMから鎌倉インテルを立ち上げた想いを聞いたのはこのときです。

このクラブのビジョンが実現したとき、そこにあるサッカーはサッカー以上のものだと思いました。

ちょうどその日は鎌倉インテル初の公式戦が行われていて、研修よりも実はそっちの結果が気になって仕方ない、いかにも冗談ではなさそうな代表のカミングアウトをよく覚えています。研修後に、新潟で大学サッカーをしていますと自己紹介して、四方さんとクラブのFacebookをフォローさせてもらいました。それが代表とGMそして鎌倉インターナショナルFCというクラブとの出会いになります

  もう一つの出会いはさらに1年前の2017年。僕がJクラブへのインターンやドイツを旅する前に、僕が今でも慕いに慕ってる大学の先輩に当時何かのきっかけで「俺が高校時代にお世話になった人なんだけど、お前絶対影響受けると思うよ。」そう紹介された人でした。正確にはその人の記事を紹介してもらいました。

kazumakawauchi.themedia.jp

フットボール(サッカー)とは一体なんなのか。

この一方的な出会いをきっかけに、それ以降noteや様々な発信を目にする度に、自分の中でその問いは大きくなっていきました。

勝手な使命感

  たしか5歳くらいのとき、兄が僕をゴールの前に立たせた。容赦なく飛んでくるボールをたまに止めると喧嘩では絶対に敵わない兄がなんとも言えない顔をしながら「よー止めたな。」と言う、それがたまらなく嬉しくて、気付いたらゴールの前に立ち続ける毎日になっていた。今思えばそれがサッカーとの出会いだったのかもしれませんが…本当はどうかわかりません。

楽しくて、プロになりたくて、チームで何か成し遂げたくて、人として成長したくて…小、中、高、大学と大人になるにつれて自分でも気付かない内に自分の中のサッカーのカタチが変わっていたと思いますその度に言葉にできない違和感を感じながら。''はじめた''のかどうかもわからないサッカーを何度も"やめよう"としました。そこで踏みとどまる度に、何でサッカーをはじめたのか、きっかけは何だったか、何でサッカーをするのか、その問いはただ自分を苦しめるだけでした。高3のインターハイのたった1試合をきっかけにいくことを決めた新潟で、組織とは大学サッカーとはこうあるべきだと信じて実現しようとしたものはサッカーと呼べるものだっのか。結局、サッカーが何か、これが自分がやりたかったサッカーなのか、わからないまま大学サッカーを終えました。サッカーよりキツいことがないほど恵まれた時代と環境でここまできた、それでプロになれなかった、せめてこれまでの日々を糧にして社会へ出よう、そう自分に言い聞かせて僕はまたサッカーをやめようとした。何の違和感もないように、それを感じないように正当化しながら。

2つの点

 それから1ヶ月後、2020年の年明けに「4月から東京でスパイクを革靴に、ユニフォームをスーツに着替えて-」Facebookでそんな投稿をしたところに久しぶりに四方さんから連絡をもらい、鎌倉インテルに練習参加をさせてもらうことになった。そのすぐあとタイムラインに流れてきたのがこの記事でした。

 

www.footballista.jp

その後の練習参加で代表の四方さんとGMの吉田さんに2年ぶりに再会。そこで改めて色々なお話をさせてもらいました。まだ東京での生活さえ右も左もわからない中でそこから神奈川にあるクラブにどこまで関わることができるのかは本当にやってみないとわかりません。

ただ、この2つの点がつながったとき僕がこの道を選ばせてもらうことは必然でした。

岡山、新潟、東京…今までに出会った誰ひとり欠けても、東京で仕事しながら鎌倉でサッカーをするという道は拓けなかったと思います。

最後に

ということで、僕は東京で仕事を、鎌倉でサッカーをします。

で、その言葉がしっくりこない理由を書いて終わりたいと思います。

 拠点はそこにあるし、職場や仕事の中で、鎌倉の街で、そこにある場所やそこにいる人との出会いが今は正直1番楽しみです。それにサッカークラブにとってクラブがある街というのはクラブそのものだと思います。僕がしっくりこないというのは東京で仕事、鎌倉でサッカー、そういう枠に囚われることです。何しろ「インターナショナル」です。国や地域、文化や言葉、立場や役職…いろんな線引きを越えて何かを成し遂げていく、そういうビジョンの下にある挑戦だと思っているからです。

 ピッチ(サッカー)から社会に出よう、とは思いません。スパイクも革靴も履きます。サンダルもブーツも必要なら下駄でも安全靴でも履きます。僕は社会の中で自分が何者かを知ってそれを表現していきたくて、サッカーはその1つです。そういう意味では「サッカーをします」というのも今は僕の中で違うんだと思います。あの日、サッカーは気付いたらそこにあった。サッカーは今日もどこかで誰かを熱狂させて、今日もどこかで誰かと誰をつないでいる。サッカーは僕が知る以上の価値のあるもので、だからこそ僕は例えどんなカタチでも、どんなところからでもサッカーに関わっていたい。

 

そうやって僕は僕らしいと信じられることを続けていこうと思います。勝手な使命感をもって。

f:id:shuya_31:20200521234145j:plain